風化造礁サンゴを使った天然素材100%のヒトに優しい商品(内装用塗り壁材・土壌改良剤・健康食品・バス用品等)の販売
中外産業株式会社
中外産業株式会社 お問い合わせ
中外産業株式会社 TOP 会社概要 サンゴについて
 
 中外産業株式会社のこだわり

 
 素材に対するこだわり

 

 優れた天然素材「風化造礁サンゴ」との出会い

弊社は以前、大阪の池田市に直営のフランス料理レストランを運営しており、
そのレストランで使うお野菜を約300坪の自家農園で栽培しておりました。
その自家農園では無農薬・有機栽培を実践し、新鮮で安心できるお野菜を
お客様にご提供していましたが、無農薬・有機栽培は非常に手間がかかり
その上、長年化成肥料などを施してきた土壌は主となる養分は過剰な一方
ミネラル分は不足した「肥満」の状態でした。それゆえ、なかなか作物が上手く
育たず、収穫量も少ない状態でした。
ある日、弊社スタッフが知人から譲られた砂状の土壌改良資材。
特に期待はせず農園の一角に使用してみたところ、驚くほど作物が力強く育ち、
収穫量も上がり驚かされました。
慌ててその土壌改良資材を確認した所「風化造礁サンゴ」の文字が・・・。
 これが弊社とサンゴの出会いでした。

 

 「風化造礁サンゴ」の優れた物理特性

「風化造礁サンゴとは?」
「何故こんなに作物が元気に育ったのか?」
そう感じた私達は風化造礁サンゴについて色々と詳しく調べてみました。
まず私達が驚いたのが風化造礁サンゴの保有する驚くほど豊富なミネラルでした。
なんと23種以上のミネラルを保有し、そのミネラルのバランスの良さに驚かされ
ました。
後に農園の土壌調査をした結果、風化造礁サンゴを施した土壌と、施していない
土壌では土壌中のミネラルバランスに大きな違いが見られました。
これは人に例えると、ジャンクフードのみで生活している人と色々な食物をバラン
ス良く摂って生活している人との健康状態に違いが出るのと同じで、土壌の養分バ
ランスを整えることで作物もバランスよく養分吸収ができ、元気に育つことだと
理解できました。
そしてもう一つ驚かされたものがサンゴの多孔質性です。
風化造礁サンゴは非常に細かな気孔構造を持ち、その気孔に水分・養分を保持し、
少しずつ土壌に溶かし出すことで土壌の急激な乾燥を防ぎ、養分を永く土壌にとど
めることが判りました。



 

 

 他の天然素材とはここが違います

 

 素材に無駄な熱エネルギーを加えていない

 ◇人・自然に優しい素材へのこだわり◇

風化造礁サンゴの特徴の一つである多孔質
(無数の微細な気孔)を特徴とした他の天然素材
の多くは、多孔質構造を得るために大量の熱エネ
ルギーを消費して焼成するケースが多く見受けら
れます。
これでは商品化される前に大量のCO2が排出さ
れ、本当に人・環境に優しい商品作りとは言えな
くなってしまいます。

風化造礁サンゴは海中で波の圧力などによって
破砕されたサンゴ礁が海底に堆積し、長い年月を
かけて自然にサンゴの骨格部分(多孔質)のみに
なっています。これにより無駄な熱エネルギーを
消費することなく様々な商品への利用が可能とな
る天然素材として真のエコロジー素材だと言うこ
とができるのです。